none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の真ん中でひとりごと〜
none
none
none
none

none
2014/03/06 10:31:28

none
とある恩返しプロジェクトのスタート日を、
来年の誕生日(2015年2月17日)に定めてみました。
あと11ヶ月半後です。
あと347日後です。

まだまだ先のような気がするけど、
ここ数年のスピード感からするとすぐな気もする。

これまでの人生で、
こんなに先の計画を立てたことがほぼないので、
熱が冷めないか心配だけど、
しっかり準備して、
楽しく進めていきたいなと思ってます。

年末くらいにここで発表ができるといいなぁ。

none
none
none
none
none
none
2014/03/28 21:45:33

none
京都精華大学に非常勤講師として呼んでいただくようになって、
今年で6年目。
毎年デジタルクリエーションコースの3年生を教えている。
不思議なもので、毎年その学年の色みたいなものがあって、
クラスの雰囲気は年ごとに少しずつ違っている。

2012年に教えていたクラスは個性的な生徒が多く、
でも個々人が好き勝手やるわけじゃなく、
一生懸命な個性がひとつに集まった塊のような感じだった。
みんな個性があって、熱心で、それでいて人なつっこくて、
ボクとの距離感もかなり近かったように思う。

そんな教え子たちもその後4年生となって1年を過ごし、
先週の3月21日に大学を卒業していった。

その夜、生徒たち主催の謝恩会に招かれ、
それぞれと思い出やこれからのことをたくさん話した。
みんなしっかりしてきたなぁと思った。


4年生を見送った日から6日後の3月27日。
この4月から3年生になる生徒たちへのオリエンをやった。
授業の説明をして履修するかどうかを決める会です。

6日前に見た4年生の2つ後輩なだけなんだけど随分幼く見えた。
これは毎年感じること。
でも、この子たちも2年後には卒業していくんだなぁ、
その頃にはちゃんとしてるんだろうなぁ、
なんてことを思いながら授業の説明をするんです。

今年も楽しく授業ができるといいなと思う。

そして、4日後の4月1日には、
社会に出ていった卒業生たちが荒波に揉まれながらも、
楽しく生きていってくれたらいいなと思う。


毎年、毎年、同じことがぐるぐる回ってる。

でも、それでいいんだなと思う。

none
none
none
none
none
none
2014/03/30 15:24:24

none
大学生の頃から幹事をするのが好きでした。
みんなの喜んでくれる顔を見るのが好きなのか、
いわゆるノミュニケーションが好きなのか、
とにかくいろんな会を企画したりしていました。

1984年に任天堂に入社してからも、
20数名いた同期社員に声を掛けては同期会。
ほぼ毎月のように飲みに行き、
ある時は泊まりで温泉地に旅行までした。

入社後何年かすると転勤になる者や、
寿退社をする女子社員などが増えてきて、
そのうちに同期会もなくなっていったみたい。

そんな同期会だけど、
当時一緒に幹事をやっていたFくんの呼びかけで、
10年前から年に1回の開催で復活していて、
ボクも任天堂社員じゃないのに声をかけてもらい、
できる限り顔を出すようにしていた。

2014年は入社から丸々30年の記念の年ということで、
久しぶりに幹事の大役を仰せつかり、
昨日、京都で「任天堂同期会2014」を開催しました。

目標だった「全員参加」は生憎達成できなかったけど、
18人が集まって、思い出話や病気の話で盛り上がった。
50歳過ぎてても気持ちは当時のままだったりするので、
お互いをニックネームで呼び合ったり、
20数年ぶりに会う元女子社員を囲んだりして、
わーわーきゃーきゃー楽しい会になりました。

今の若い人たちの間からはあまり聞かれない同期会。
会社の中で横の繋がりが必要無いのかもしれないし、
わざわざ直接会ってまで話さなくても、
ネットで繋がっているからいいのかもしれないけど、
けど、けど、ボクらは、この同期会が大好きで、
若い人からしたら「気持ち悪い」のかもしれないけど、
こうやって会える仲間って財産なんだなぁと思う。

次に「全員参加」を目指すのは、
還暦のタイミングかなぁ、
定年退職のタイミングかなぁ、
誰かのお葬式かなぁ、
そんな話をしながら夕暮れの京都で再会を約束して、
それぞれが五十路、いや家路についたのでした。

また会いましょう!

none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none