none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の真ん中でひとりごと〜
none
none
none
none

none
2013/01/08 12:10:56

none
あけましておめでとうございます。

昨日から今年の本格稼働をしております。

毎年恒例の明治神宮への初詣に行きました。
渋谷に事務所を構えてから15回目になります。

で、今年の「大御心」(おみくじ)です。

---------

明治天皇御製



しのびてもあるべき時にともすれば
あやまつものは心なりけり

-----

人の心は、堪え忍んでいかなければならないときに、
つい辛抱しきれないで、軽はずみをして、
取り返しのつかない失敗をするものです。
皆、自分の修養が足らないからです。

○ ○ ○

辛抱と努力とは、人生の大切な心がけです。
堪忍出来ない時に、よくよく我慢するのが本当の堪忍です。
勝利とか成功とかは、最後の五分間にあると言われ、
短気は損気とも言われます。
(忍の一字に徹しましょう)

----------


元旦に実家近くの神社で引いたおみくじには、、

物ごとひかえめにし
心正しく身をまもって
あまり進んでしない方がよい
わるい人にさまたげられて
思わぬあやまちをすることあり
交際その他気をつけよ

とあった。


また、昨年11月に占い師のゲッターズ飯田くんに
今後を占ってもらったところ、、

運気の流れが大きく変わり始めるでしょう。
体調を崩したり環境に大きな変化が訪れます。
勘が働き始めるので自分の勘を信じましょう。
ただ、危険なことに突っ込んでしまうと、
これまでの積み重ねが無駄になってしまうので、
気をつけましょう

とのこと。



どうやら今年は堪え忍ぶ1年になりそうです。


none
none
none
none
none
none
2013/01/09 12:09:50

none
昨年のデータが集計できました。
ここ5年間の比較です。

■総歩数
2008年・・・3,257,480歩(8,900歩/日)
2009年・・・3,588,533歩(9,832歩/日)
2010年・・・3,607,189歩(9,883歩/日)
2011年・・・3,926,029歩(10,756歩/日)
2012年・・・3,606,802歩(9,855歩/日)

■飲酒日数
2008年・・・317日(休肝日:49日)
2009年・・・287日(休肝日:78日)
2010年・・・301日(休肝日:64日)
2011年・・・336日(休肝日:29日)
2012年・・・342日(休肝日:24日)

■会社泊日数
2008年・・・129日(10.75日/月)
2009年・・・ 94日(7.83日/月)
2010年・・・ 79日(6.58日/月)
2011年・・・ 73日(6.08日/月)
2012年・・・ 54日(4.50日/月)

がんばります。先週金曜日で今期の精華大の授業が終わった。

十数名を2チームに分けて、
それぞれが企画したゲームアプリを制作。
せっかく作るんだったらコンテストに出そう!
ということでエントリーしたところ、
2チームの内の1チームが、
みごとにグランプリを獲得。

これが前期のこと。

後期はそれぞれの作品をさらに作り込んで、
先週の最後の授業の際にAppStoreに申請。
そのうちダウンロードできるようになる。

ゲームなんて作ったことのない学生が、
授業以外の時間にも集まったり、
夏休みも返上して合宿したり、
泣き笑いありながら、
どうにかリリースするまで頑張った。
本当に頑張ったと思う。
この経験は社会に出ても生きてくるはず。

授業の後、
全員のメッセージが書かれた色紙をもらった。
コメントがびっしり書かれていて感動した。
どうもありがとう!
こちらこそ素晴らしい生徒に出会えて嬉しかったよ。


none
none
none
none
none
none
2013/01/22 15:04:39

none
先週金曜日で今期の精華大の授業が終わった。

十数名を2チームに分けて、
それぞれが企画したゲームアプリを制作。
せっかく作るんだったらコンテストに出そう!
ということでエントリーしたところ、
2チームの内の1チームが、
みごとにグランプリを獲得。

これが前期のこと。

後期はそれぞれの作品をさらに作り込んで、
先週の最後の授業の際にAppStoreに申請。
そのうちダウンロードできるようになる。

ゲームなんて作ったことのない学生が、
授業以外の時間にも集まったり、
夏休みも返上して合宿したり、
泣き笑いありながら、
どうにかリリースするまで頑張った。
本当に頑張ったと思う。
この経験は社会に出ても生きてくるはず。

授業の後、
全員のメッセージが書かれた色紙をもらった。
コメントがびっしり書かれていて感動した。
どうもありがとう!
こちらこそ素晴らしい生徒に出会えて嬉しかったよ。


none
none
none
none
none
none
2013/01/22 18:19:19

none
初めて始めた歳。


自分の子どもや大学の教え子を見ていても思うけど、
本当に何でもある時代だ。
携帯電話もパソコンもあって当たり前。

ボク自身、そんなに時代遅れではないと思うけど、
それでもボクの年齢での「初めて」が、
やはりもういい歳になってからなので、
今どきの子どもたちが活躍する時代は、
ボクらの時代とはもう雲泥の差なんだと思う。

ちなみに、ボクの「初めて」はこんな感じだった。

1994年 32歳の時、携帯電話所有
1996年 34歳の時、パソコン通信(e-mail)
2010年 48歳の時、スマートフォン所有


幼少の頃の、
初めてテレビ(白黒)が家に置かれた日のこと、
初めて家に電話が設置された日のこと、
初めて自家用車が家にやってきた日のこと、
そんなことを鮮明に覚えているような世代と、
気付けば便利なものが何でもある世代が、
これからは一緒に仕事をしたり遊んだりする。

プラスもあればマイナスもあるだろうから、
出しゃばらず、若い世代に敬意を払いつつも、
経験を活かしてうまく絡み合えるようにしないとね。
置いてきぼりにされないようにしなきゃです。


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none