none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の真ん中でひとりごと〜
none
none
none
none

none
2012/10/24 14:26:08

マリーガル時代の同僚が制作・運営をしている
「BCCKS」(ブックスと読みます)というサービスがあって、
簡単にデジタル書籍が作れたり、
その本を紙の本にして販売したりできるんです。

↓BCCKS
http://bccks.jp/

これまで本を作りたくても、
結構な数を結構な金額で作らなくてはならず、
なかなか手が出なかった人も多いと思うので、
このサービスは本を作りたい、出したい人には、
とてもいいんじゃないかと思います。

ちにみにボクも作ってみました。

3DS用ソフト『カルチョビット』のプレイ日記です。
文才もなく、単に遊んだ感想を書いているだけですが、
BCCKSというサービスを使うと、
こんなボクでも本が簡単に作れちゃうんですよ、
というところを見ていただければ。

いや、しかし、文才がない…。


「3DS カルチョビット日記」
https://bccks.jp/viewer/109268


none
none
none
none
none
none
2012/10/29 17:06:44

今年も京都精華大学の非常勤講師をさせていただき、
「ゲームアプリを作ろう!」ってやってるんですが、
その教え子たちが作ったゲームがひとつの賞を受賞しました。

HTML5ゲームアプリコンテスト for スマートフォン
http://www.4a-appcontest.jp/

ベストゲーム賞 賞金500,000円
タイトル名 『MIRROLE(ミラル)』
学校名/代表者氏名 京都精華大学 蚊野佳美

途中で諦めてしまうかなと思った時もあったけど、
チームみんなで合宿するなどして、
授業以外の時間も使って相当頑張り、
無事に提出して受賞に至った。

よく頑張りました。
おめでとう!

ボクと西健一くんが企画からチューニングまでを、
ワンテンの小川くんがプログラムを教える授業。
「プロが教えてるんだから受賞するよ」
と言われたら身も蓋もないし、生徒も可哀想だから、
企画考案の時点から基本的には学生が全部やり、
ボクたちはゲームの考え方や仕組みをざっくり教えただけ。

それでも頑張って作り上げたんだから、
よく頑張りました、です。
やれば出来るということを証明してくれて嬉しい。


実は、もう1本、精華大学の学生が受賞している。

アプリアンドレビュー賞 賞金100,000円
タイトル名 『The SWEETURN』
学校名/代表者氏名京都精華大学 亀井彩代

これは去年の授業で学生が考えた企画。
1年間頑張ったんだけど最終的に完成しなかった。
1年間の授業なので、完成しようがしよまいが、
授業としては終了だった。

でも、完成できなかったことが悔しくて、
今回のコンテストに向けて自力で作り上げた作品。
4年生になってチームメンバーも他のことで忙しい中、
いろいろ犠牲にして、歯を食いしばった結果のこと。

こちらもよく頑張りました。
おめでとう!


ボクら先生は、
企画の考え方やゲームの作り方を教えることはできても、
歯を食いしばってでも作り上げる気持ちの部分は、
残念ながら教えあげられない。
そういうものではないから。
だから本当に生徒たちは頑張ったと思う。

この経験は社会に出たらきっと役立つと思うので、
大切に持っておいてほしいです。


受賞、本当におめでとう!


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none