none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の真ん中でひとりごと〜
none
none
none
none

none
2012/02/04 01:02:17

2006年4月以来約6年ぶりに断食をした。
普段の生活をしながら摂取するのは水だけ。
これがなかなかキツいのです。

前回は68時間。
今回は72時間。
火曜日の夕食を終えた20時から金曜日の20時まで。

最初の24時間は確かにお腹は空くけどキツくはない。
2日目に入ると嗅覚が研ぎ澄まされてくる。
いろんな匂いに敏感になります。
特に食べ物の匂いには。
普段食べてるファーストフード店の前を通ると、
体が受け付けないほど強烈な匂いを感じます。

3日目になると、まず朝起きて体に力が入らない。
歩くスピードも遅くなる。
空腹は限界を超えているのでさほど苦しくない。
この頃には体の中はすっかり空っぽ。
2日間で体重は1.8kg減、体脂肪率は3%減。
生きていくために脂肪を燃焼しはじめるのを感じる。

それでも最後の2時間は食べ物のことばかり考えてる。
お粥と厚焼き玉子、梅干し、お味噌汁…。

前回の断食明けご飯の時は、
体が食べ物をなかなか受け付けず、
ほんの少量を時間をかけていただいたんだけど、
今回は食欲が旺盛だったみたいで、
かなりの量(といってもお粥2膳)を一気に食べた。
そしたら当たり前だけど、すぐにお腹を壊した。
そりゃそうだ。


今の日本では余程のことがない限り飢え死にはしない。
飽食の時代と言われ続けて久しい。
輸入に頼っているくせに、廃棄する量は輸入量を超える
というとんでもない国、日本。

食のありがたさを再認識するための断食。
自分の忍耐力を確かめるための断食。
体を一度リセットするための断食。

いろんなことを感じた72時間でした。


とにかく、食に感謝。

命をいただきます。


none
none
none
none
none
none
2012/02/17 17:46:03

1962年2月17日(土)午前5時5分、
身長51cm、体重3,600gで生まれたボク。

あれから50年。
本日無事に50歳を迎えることができました。

これまでの半世紀、
本当にたくさんの人に支えられてきた。
ひとりでは絶対にこうはならなかった。

出会いに感謝。
人の優しさに感謝。

感謝、感謝、感謝の人生。


もちろん両親にも感謝。
産んでくれてありがとう。
そして育ててくれてありがとう。
しかも割と丈夫に(笑)

「相手の立場に立ちなさい」
「人の痛みのわかる人になりなさい」
「されて嫌なことはしてはいけません」
「されて嬉しいことをしなさい」
「落ち着きなさい」

物心がついた頃からずっと言われてきた。
お陰で少しは人の気持ちを考える人になった。
と思う。
まだ落ち着きはないけど。。


これから先もいろんなことがあると思う。
それらを楽しんで受け入れられる人でありたい。
そして、これまでお世話になった人に、
できるだけ恩返しができる人になりたい。


すべてに感謝。


none
none
none
none
none
none
2012/02/17 19:09:10

大事なことを書き忘れてました。

メール、
Twitter、
Facebook、
Instagram、
mixi、
電話、
などなど、
いろんなメディアでお祝いメッセージをいただきました。

お一人お一人にお礼が書けなくてすみません。

本当にありがとうございます。

嬉しくて嬉しくて大変です。


none
none
none
none
none
none
2012/02/20 13:32:59

昨夜は渋谷で「長誕祭」開催。
長官生誕祭だから長誕祭。
(エレキコミック今立くん命名)

50歳の記念なので、日頃から大変お世話になっている
約50人の方々にお声を掛け祝っていただきました。

自分の誕生日会というのは自分で企画をして、
場所も、段取りも、案内も、全て自分でやるもの、
というエレキコミックやついくんの教えの通り、
ぜーんぶ自分でやってみた。
(細々したところは秘書官に助けてもらって^^;)

自分でケーキを買いに行って、
『「お誕生日おめでとう!長官」と入れてください』
というのも恥ずかしくていい経験でした。

とにかくお越しいただいたみなさんがとても温かくて、
この人たちのお陰で今生きている自分があるんだと思うと、
もう涙腺は崩壊寸前でした。

嬉しくて、ありがたくて、優しくて、幸せでした。

50年生きてきたけど、まだまだ未熟だし、
まだまだ恩返しもできていないし、
やんなきゃいけないことは満載です。

50年後の100歳の長誕祭の時に、
また同じ人たちに集まっていただいて、
「楽しい100年だったね」と振り返られるよう、
これからの半世紀も楽しみたいと思います。


ご来場いただいたみなさま、
プレゼントまでお持ちくださった方々、
無茶振りで乾杯の発声をしていただいた堀井さん、
アコーディオンとヴァイオリンの生演奏を披露してくれた
KENちゃんとMEGちゃん、
裏方に徹してくれた秘書官、
goo ITALIANOのスタッフさん、
本当に本当にありがとうございました。

50年後にまたパーティしましょうね!

次回の長誕祭は2062年2月17日(金)渋谷です!w


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none