none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の地下からひとりごと〜
none
none
none
none

none
2010/04/01 16:00:01

新年度が始まった。

新入生、新入社員、悲喜交々の「新」。

猿楽庁も今日から「新」な感じ。

昨日発表になりましたが、株式会社猿楽庁は、
8年半お世話になったエンターブレインを離れ、
ポールトゥウィンという会社の子会社として、
新たな道を進むことになりました。

新たなと言っても、ボクらに出来ることは、
基本的にはゲームのチューニングなので、
さらに突き詰めた、きめ細やかなサービスを、
誠実に行っていければと思っています。

ゲーム業界においての縁の下の力持ちという
「旧」な気持ちはそのままに、
めまぐるしく変わっていく今の時代に即した
「新」なサービスを提供していきたい。

これが今日からの「新」猿楽庁です。

よろしくお願いいたします!


none
none
none
none
none
none
2010/04/14 13:52:13

『アルキメDS』というゲームを作って発売した年、
京都精華大学のデジタルクリエーションコースの
1回生の学生達から「学園祭に来て!」と声が掛かり、
エレキコミックの2人と一緒に行ってイベントをした。
2007年11月のこと。

その時の学生達が3回生になった年、
今度は「授業をやって!」と声を掛けていただき、
にしけん(西健一)と一緒に半年間、先生をやった。
顔をよく知る学生との授業はとにかく楽しかった。
2009年春から夏のこと。

そんな京都精華大学で、
先週金曜日に今年度のオリエンテーションがあり、
彼らの1年後輩にあたる新3回生達の前で、
授業内容のプレゼン(?)を行った。

28名のうち5名以上が履修登録をしてくれたら、
めでたく授業を行うことができるというシステムで、
ここ数日はドキドキして過ごした。
(そんなこと忘れてしまうほど忙しかったけど)
そして、その結果が今日メールで送られてきた。

最低ラインの5名どころか、
予想をはるかに上回る最適な人数になったみたい。
(いつものことながら予想は卑屈的に低い)

これでまた月に二度ほどの京都行きが確定。
昨年度と違って今年度は通期の1年間なので、
学生達とのコミュニケーション度合いも深くなる。
いろいろ楽しみだなぁ。
そんな2010年春です。


none
none
none
none
none
none
2010/04/20 12:24:16

ボクの信条(五箇条)の中に、
「マメであれ」
という言葉があって、
全てのことに対して極力こまめに動こう、
と決めている。

が、ここのところの忙しさから、
2通のメールに返信が出来ていなかった。

数日経って、ご本人からメール。
そのメールには、2人とも同じことが書かれていた。

「怒らせてしまいましたか?」

いやいやいや、ごめんなさい!
と慌てて返信。

もっとマメにならなきゃです。


none
none
none
none
none
none
2010/04/23 10:17:34

またしてもクローン長官が欲しい病。
あと数人自分が欲しい。

まず1人目は、
ずっと前から欲しかった社長業をする長官(笑)

2人目は、
チューニングをやって、
モニタリングもやって、
新しい企画にどっぷり時間を費やして、
さらに後学のためにゲームプレイする長官。

3人目は、
今週末の猿楽庁イベントを段取って、
5月下旬から6月上旬に開催するイベントに向けて、
契約やら段取りやらリリースやらを考えて、
あと、今期の京都精華大の授業内容も考えて、
さらにエレキの公式サイトのことや、
「湯シュラン」のことを考えるという長官。

他にも、お笑いライブに舞台、コンサート、
スポーツ観戦、旅行、飲み会に出かける長官。


なんてことが実現されると、
ボクの睡眠時間は格段に増えるわけです。

でも睡眠時間を増やしたところで、
長官1人当たりの楽しさが減少するくらいなら、
やはり今のままがいいってことなのかな。

体がいくつあっても足りないという状況だけど、
ま、それはそれで、それを楽しめばいいってことだ。


none
none
none
none
none
none
2010/04/26 11:28:47

土曜日は猿楽庁主催のプライベートパーティ、
「第9回 サロン・ド・サルガク」だった。

今回もたくさんの人に来ていただけて大盛況でした。
どうもありがとうございました!


また、ご協力いただいた方々にも感謝です。

DJ&VJと猿楽庁歌を披露していただいた
たなかひろかずさん、イマクニ?くん、
クリーチャーズのスタッフのみなさん。

怒濤の勢いで占ってくれたゲッターズ飯田くん。

その場でドットで似顔絵を作って配ってくれた
ナカムラさんはじめYMCKのみなさん。

ボードゲームの伝道師すごろくやの丸田さん。

京都から「THE KING OF GAMES」Tシャツの
販売に来てくれたエディットモード江南くん。

みなさんのお陰で楽しいパーティになりました。
本当にありがとうございました!

サロンのためだけに京都から夜行バスでやって来た
京都精華大の学生たち。
いろいろ勉強になってると嬉しいな。


ボク自身は相変わらず終始ドタバタしていて、
みなさんとゆっくりお話できなかったのが残念ですが、
お客さん同士で新しい繋がりが生まれていることを、
心から願っています。

また秋に元気な顔でお会いしましょう!


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none