none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の地下からひとりごと〜
none
none
none
none

none
2009/06/04 23:25:50

ヤバい、ヤバい。
もう6月に入ってる。

血圧はちょっと下がった。
昨日は上が「149」。
もうちょっとだ。(たぶん)

参考になる本をいただいたり、
血圧計をいただいたり、
ありがたいことです。
頑張ります。

プレイ中ゲームは『逆転検事』。
「待った!」を連発。

明日は朝から京都。
某社で企画ミーティング。
翌土曜日は京都精華大の授業。
前回(2週間前)はインフルエンザで
休校になったので、
約1ヶ月ぶりです。


曇天続きだけど、気分は晴れやかに!


none
none
none
none
none
none
2009/06/08 23:05:27

ここのところ(10日間くらい)、
頭痛や首痛に悩まされることなく、
割と健康できていたんだけど、
今日のお昼頃、突然やってきた。

頭痛、首痛、吐き気、めまい…。
立っていられなくなった。

急に気圧が下がったからか?

もしくは祖母とシンクロしてる?

昨日、実家近くの施設に入っている祖母が、
突然意識を無くして入院したらしい。
今朝、父親からその連絡をもらった。

来月7日で99歳。
ボクのことを世界一の宝物を言っていた祖母。
その祖母が一生懸命闘っている。
だからシンクロしたんだろうか。

がんばればあちゃん!
ボクもがんばる!


none
none
none
none
none
none
2009/06/09 23:36:12

ボクは生まれて13日目に、
頭部に溜まった膿を摘出する手術をしました。
麻酔も出来ず、壮絶な手術になるであろうことから、
医師は母親を自宅待機にしたそうです。
死んでしまう可能性もかなりあったみたいです。

その時、母方の祖母は、
「出来ることなら代わってやりたい」
「障害が残るかもしれない。
 それはあまりにも不憫やから、
 今、この子を連れて山に入って死にたい」
と泣きながら言い続けていたそうです。

どうにか手術は成功し、
身体は非常に弱かったけど、
元気に走り回れるようになりました。

ボクが歩き始めた頃、祖母は、
「この子が小学校に上がるまでは生きていたい」
といつも言っていたそうです。

優しい祖母に見守られたボクは、
その後、大きな怪我をすることもなく成長しました。
結婚して子供も出来ました。

「まさか、ひ孫の顔を見るまで生きてるとは、
 全然思うてもみなんだわー」
と顔を見るたび嬉しそうに言ってました。

晩年は老人福祉施設で過ごした祖母。
明治、大正、昭和、平成と生き抜き、
その気丈さにはいつも感心したものです。

数年前に祖母の保険証を見る機会があった。
保険証の間に、
「延命措置はしないでください」
というメモが入っていたのも祖母らしかった。


2009年6月9日 18時57分。
安らかに息を引き取ったようです。

「徹が東京でどんな仕事をしてるのかは、
 全然わからんけど、
 アンタが一生懸命やってるのが一番の幸せや」
と言ってくれたその言葉を忘れずに、
これからも頑張っていきたいと思います。

いままでたくさんありがとう。



-----

業務連絡

6/10-12 実家に戻ります。
ご迷惑をお掛けしますが、
よろしくお願いいたします。


none
none
none
none
none
none
2009/06/19 02:34:43

10日(水)通夜式
11日(木)告別式
12日(金)養護施設から荷出し
と無事に全てのことを終え、
13日(土)帰京
14日(日)仕事
という感じでやっております。

メールや電話をいただいた方々、
どうもありがとうございました。
ちゃんとご連絡が出来ていなくてすみません。

家族葬ということもあり、
ひっそりとした感じでしたが、
無事に見送ることが出来ました。

「綺麗に死ぬのは、綺麗に生きること」
ということを学びました。

線香番(線香が途切れないようにする係)で、
お通夜は朝まで起きてたわけだけど、
『逆転検事』のお陰で頑張れました。
で、その甲斐あってクリアしました。

ドラクエまで何をしようか…。


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none