none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の地下からひとりごと〜
none
none
none
none

none
2009/01/05 15:03:33

施設に入っている98歳の祖母を訪ねた。
ボクの顔を見るなり、
「元気にしとったんか?」
と抱きついて号泣。

落ち着いたところで、
「ちゃんとやれてるんか?
 社員やアルバイトの人の面倒は
 みてあげれてるんか?
 それが気になって気になって」
まずはそこを心配される。

ボクのことよりスタッフのこと。
さすがボクの祖母である。
明治、大正、昭和、平成と、
1世紀近く生きてきた人の言葉は重い。

しばらく話をしたところで、
「もう時間ないんやろ。
 はよ帰れ」
と言われる。
気丈な明治の女性らしい。
でも、
それを言うのが精一杯なくらい泣いていた。

ボクを応援してくれる最年長の人のためにも、
もっともっと頑張らなきゃです。


あけましておめでとうございます。
ということで、頑張っていきますので、
本年もよろしくお願いいたします。


none
none
none
none
none
none
2009/01/06 15:51:53

昨日は恒例の明治神宮初詣。

初祈祷を待つ人の長蛇の列が凄かった。
毎年仕事始めの日の午前中に行ってるけど、
こんなにたくさんの人が並んでるのは初めて。
神にもすがる思いの1年が始まった感じ。

おみくじ(大御心)は二〇番。

-----

昭憲皇太后御歌

謙遜

高山のかげをうつしてゆく水の
ひききにつくを心ともがな

---

高い山の姿を写して、谷川の水が段々と低い
方へ流れていくように、誰でも理想は高く、
身はつつましく、ということを心がけたいも
のです。

○ ○ ○

誰でも生まれながらに、尊い人格を親から
授かっていることでは平等ですが、
お互いに敬愛の心が大切です。
ここに謙遜の美しい徳があります。

(心は高く、身はつつましく)

-----

以前から、
「志高く、腰低く」
をモットーにやってきていたので、
それを忘れないようにってことなのかな。


none
none
none
none
none
none
2009/01/07 02:50:58

「東京ウォーカー」に連載中の「アルキメWalker」が、
現在発売中(1/5発売)の号で最終回となりました。
昨年の1月29日発売号から始まったので、
ちょうど1年になりますね。
短い間(長い間?)でしたが、
ご愛読いただきどうもありがとうございました。
ご投稿いただいたみなさんにも感謝です。

『アルキメDS』というソフトは、
2007年7月に発売されたDS用のソフトです。
コミュニケーションを取るには最高のソフトです。
ソフト1本で4人まで同時に遊べて2,100円です。

先日、兵庫の実家からUターンする際、
新幹線の中で家族4人でプレイしました。
いや、もう、とにかく盛り上がりました。
周りの席の人からは不思議に見えたと思います。

楽しいソフトを作ったなぁと改めて思いました。

連載は終わってしまいましたが、
『アルキメDS』の草の根宣伝活動は続けますので、
何かありましたらお気軽にご連絡ください(笑)
http://www.archime-ds.com/blog/


none
none
none
none
none
none
2009/01/08 05:02:53

2008年をデータで振り返る。

・加圧トレーニングに行った回数
  47回

・会社に泊まった日数
  129日

・一口でもお酒を飲んだ日数
  317日

・総歩数
  3,257,480歩(約2,280km)

・体重
  最多:70.5kg
  最少:64.4kg

・観に行ったライブの回数
  スポーツ:15回
  お笑い:31回
  トーク:10回
  演劇:11回
  DJ:16回
  音楽:11回
  映画:4回

・第一旭に行った回数
  12回

・出会った人の数
  多数


たくさんの人に会って、たくさん飲んだ、と。


none
none
none
none
none
none
2009/01/13 03:10:25

できることなら人は褒めて育てたい。

小2の娘に「ハサミを取って」と言うと、
刃の方を持って渡してくれた。
褒めてやる。

外から戻ったら誰に言われなくとも、
うがいと手洗いをした。
褒めてやる。

消しゴムのかすを集めて捨てた。
褒めてやる。

子どもはこれでいい。
では、大人はどうだろう?

ハサミの刃を持って渡してくれた場合、
お礼は言っても褒めることはない。
うがい手洗いをしても褒めはしない。
消しゴムのかすを集めて捨てても同様。

出来て当たり前のことだから、
人は褒めようとしない。

そうなると、
自分基準で「出来て当たり前」のことは、
褒めなくなってしまう。

それだと、人(=大人)は育たない。

だとしたら、その基準を下げるのか?
下げるとしたら、どこまで下げればいいんだ?

そもそも大人は育たないのか?

悩みは尽きない。


none
none
none
none
none
none
2009/01/22 08:16:49

1月17日(土)の朝日新聞の朝刊に、
「買わない若者どう動かす」という
とても興味深い記事が載っていた。

その中で「へぇ〜」と思った部分を抜粋。
-----
現在の20代男性は「クルマ離れ」「アルコール離れ」が
顕著とされている。
女性にモテたい気持ちはあっても、
クルマはモテるのにさして有効な道具ではなく、
外で酒に酔うのは格好悪いという意識も強い。
-----
食生活では若者の味覚嗜好のキーワードとして
「甘舌化」が挙げられる。
苦いビールを敬遠して甘いチューハイ、
カクテルなどを好む傾向が特に男性に見られる。
-----
休日は遠出するより家で「まったりと」過ごすことを
好む傾向が強い。
-----

煙草を吸わない若者も急増したように思う。

ボクとは真逆だ。
おじさんと若者の距離が広がってしまうのか?
実はもう既に広がってしまっているのか…?


そんな17日の土曜日は、京都で授業。
生徒はそのほとんどが、
成人式を済ませたばかりの大学生。

今期最後の授業が終わって、
学生十数名と一緒に食事をしに行った。
餃子の王将でワイワイ語り合う。

確かにアルコールをがぶがぶ飲むのは、
先生とニシケンとボクのおじさん組。
煙草を吸うのもボクら。

それでも2時間ほど楽しく話せたので、
おじさんはホッとした。

その後、場所を変えて飲むことに。
さすがに時間も遅かったので、
学生たちは来ないだろうと思っていたら、
5、6人がついてきた。
で、朝方4時頃まで飲む。

普通に楽しかった。

おじさんが頑張っているのか、
学生たちが合わせてくれているのか、
どっちがどうなのか分からないけど、
昔から、
「飲みニケーション」
「たばこミュニケーション」
って大事だと思っているので、
若い世代とたっぷり話せたことは、
とても貴重だった。


車は持っていなくても、
煙草は吸わなくても、
ビールは飲まなくても、
こうやってコミュニケーションできるんだから、
「溝」の心配はないと勝手に結論。

要は感性だったりするもんね。
(おじさんの遠吠え)


none
none
none
none
none
none
2009/01/22 14:17:31

「Nintendo DREAM」での連載「長官らしい」が
昨年をもって終了したことは書きましたが、
つい先日、読者さんからのお便りを、
発行元のアンビットさんに見せてもらいました。

中にはボクのイラスト付きのお便りもあって、
とても嬉しかったです。

あえてゲームとは関係ない話をすることで、
クリエイターの違った一面をお届けする。
そんなコンセプトも読者さんには伝わっていて、
やって良かったなぁと思いました。

お便りやコメントをいただいた読者の方々、
本当にありがとうございました。
励みになりました。

また、こういう読者さんからのリアクションを、
ちゃんと届けてくれたアンビットさんに感謝です。

またいつか、こういうのが出来たらいいなぁと、
改めて思いました。


none
none
none
none
none
none
2009/01/24 17:18:54

無性に牛丼が食べたくなって、
渋谷駅ガード下にある吉野家へ。

「牛丼大盛、玉子」を注文。
牛丼に溶いた玉子をかけ、
味が変わるので紅生姜は乗せずにいただく。
うまい。

隣の席の20代の男性が目に入る。
犬食い。
器に口を付けて流し込むアレである。
しかも器はテーブルに置いたまま、
口を持っていってズルズルやっている。
そして、ベチャ食い。
ぐちゃぐちゃ音を立てて食べるアレである。
こちらの食欲が落ちていく。

お茶漬けを食べるときや、
ラーメンのスープを飲むとき以外は、
手に持った器からお箸で食べ物を口に運び、
ぐちゃぐちゃ音を立てずに食べる。
ボクはそう言われて育った。

ほどなく入ってきた30代サラリーマン。
「牛丼並、つゆだくだく」と注文。
イヤな予感は的中し、
犬食いでズルズルと食べ始める。
店内あちこちで音がして合唱状態。

溜息をつきながら食べていると、
イラン人らしき外国人が入ってきた。
片言の日本語で「牛丼特盛」と注文。
どうやって食べるのか興味津々。
すると、
左手で器を持って、
右手で一生懸命お箸を持って、
とても綺麗に食べ始めた。

このままでは後味の悪い状態で、
お店を出るところだったけど、
なんだか少しだけホッとした。

ボクが食べ終わる頃、
隣の席に20代後半の男性が座った。
「牛丼並、お新香、玉子」と注文。
出てきた牛丼の上にお新香を乗せ、
その上に七味唐辛子をたっぷりかけ、
さらにその上に溶き玉子をかけ、
紅生姜を乗せてかき混ぜる。
ぐちゃぐちゃとかき混ぜる。
そして、もちろん、犬食いのべちゃ食い…。

ダメだこりゃ。

結局、後味悪くお店を出たのでした。


none
none
none
none
none
none
2009/01/27 03:57:59

土曜日の深夜、吉祥寺のライブハウスで、
「ファミ詣」というファミコンを愛する人たちの
ライブイベントがあった。
今年で3回目。(皆勤)
KOGのTシャツ販売のお手伝いをしつつ、
ステージ上のDJや生演奏をオールナイトで楽しむ。
今回も盛り上がったいいイベントでした。

スタッフのみなさん、お疲れさまでした!


none
none
none
none
none
none
2009/01/29 01:17:08

雑誌企画の打ち合わせで飯田橋へ。
編集長と極秘のミーティング。
とてもいい感じで進みそう。
ばっちりミーティングでした。

その後、神楽坂で食事。
「zio」というイタリアンなお店。
ピザがとにかく美味しい!
デザートにいただいたリンゴのピザも秀逸。

ちょっとした知り合いの店長さん(?)も、
元気一杯のとても素敵な人です。

世の中、不景気とか言われていても、
このお店はずっと満席。
やはりソフト(=人)が大事なんです。

とてもお洒落で、とても綺麗なお店なので、
また行かせてもらおうと思います。

うららちゃん、どうもありがとう。


none
none
none
none
none
none
2009/01/31 02:41:29

1月もアッという間に過ぎた。
慌ただしさは相変わらず。

夕方、恵比寿へ向かうため、
渋谷駅から山手線に飛び乗ったら、
すぐ目の前に西健一がいた。

二人ともさして驚くことなく、
「やぁ」
「よぉ」

2分間、普通に会話をして、
ボクは恵比寿で降りた。
「じゃ」
「また」

双方慌ただしい日常の中で、
ほんの一瞬だけ歯車の合った感じが、
とても不思議で面白かった。


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none