none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の地下からひとりごと〜
none
none
none
none

none
2004/03/02 15:13:02
 
北へ。。。


2月28日(土)

お昼頃の飛行機でひとり北海道へ。
幕末の頃は船で何日もかかったのに、
今では東京から札幌までひとっ飛び。
気温は13℃から3℃にひとっ飛び。
脳味噌はオンからオフにひとっ飛び。

夕方、札幌着。
仕事で札幌滞在中の水口哲也、西健一と合流。
2人とも仕事中のため、
ひとりでラーメン食ったり、
ホテルの風呂(露天、ジャグジー、サウナ有り)に
1時間も入ったり、
2時間もマッサージチェアに座っていたり、、、。

夜になって、ニシケンと海鮮居酒屋へ。
何を食べても美味かった。
ハッカクという魚の顔は凄かった。
どんちゃん騒いで、またラーメン食って
ホテルに戻ってバタンキュー。


2月29日(日)

4年に一度のこの日。
ちょっと得した気分。
旅の朝飯はなぜか大量に胃に入る。
もちろん、ごはん3膳。
早朝(と言っても9時過ぎなんだけど)に
ホテルを出て札幌駅に向かい、
特急オホーツクに乗って一路網走へ。
今回の旅の目的は“流氷”。

実は、網走に流氷を見に行くのは、
ちょうど20年振りのこと。
学生時代、卒業直前に京都から電車で
網走まで行ったことがある。
この時の感動が忘れられず、今回の旅に。

5時間半もの間、真っ白の車窓を眺め、
15時頃、凍りついた網走駅に到着。
宿に向かうのにタクシーの中で、
運転手のおじさんから衝撃的な発言が。

「流氷は離れてしまったよ」
「昨日までは接岸していたのにね」

がーん!!

行ってみると確かに接岸していない。
ちょっと残骸は残っているものの、
本体ははるか水平線の彼方・・・。
急に暖かくなったからだとか。

このために来たのになぁ、と凹みつつも、
前向きにオホーツクを楽しむ。

日頃の寝不足もあって、
二人を置き去りに早々と就寝。


3月1日(月)

午前6時、オホーツク海から昇る朝日を拝む。
そして、オホーツク海を一望するお風呂に入り、
朝食は、またまたご飯3膳(笑)。

帰京する水口ちゃんと別れ、
ニシケンと2人で網走監獄へ。
老朽化した網走刑務所の建物を
そのまんま移動して立てられた博物館。
北海道(というか蝦夷地)の歴史や、
謎の北方民族のこと、
アイヌのこと、
囚人労働による開拓のこと、
当時の厳しい懲罰のこと、、、
知らないことの多さに驚きつつ、
ずっしりとした重みを感じる。

この日は真冬日。
とにかく身を切るような寒さで、
網走駅から歩いて20分くらいの
ラーメン屋さんに飛び込んで
みそラーメンとギョーザで暖を取る。

夕暮れ時、バスで女満別空港に向かい、
女満別→新千歳→羽田と空路東京へ。


アッという間の3日間だったけど、
久々に東京を遠く離れ、
凍りついたオホーツク沿岸の地で、
肺の中まで凍りつくような空気を吸って、
前身に力を入れて凍った道を歩き、
体の芯まで温まる湯に浸かり、
普段食べられないものを食し、
普段なかなか時間の合わない友と
いろんな話題でゆっくり語り合い、
心身共にリフレッシュできた旅だった。

これまで、
滅多にこんなことはしなかったけど、
これからは機会があれば飛び出したいね。
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/03 22:33:04
 
アレとコレとソレをやんなきゃ。
アレもコレもソレも作らなきゃ。
アソコとココとソコに連絡しなきゃ。
アレもコレもソレも読まなきゃ。

アレもコレもソレもやりたい!!


あぁ、、、
体がいくつあっても足りないよー。
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/05 00:50:28
 
3月になったのに、何とも肌寒い。

今日は早朝から、年に1回の人間ドック。
採血、検尿、エコー検査、レントゲン、
心電図に、バリウム飲んで胃の検査、、、。
気になる検査結果は2週間後。
さて、今回はどんな数値になっているのやら。

そんなこんなで、パツパツの1日だったけど、
ひとつ目新しいことが。

仕事の関係もあって、auの新機種購入。
いま使っている携帯がdocomoの
アプリも乗っていない機種なので、
ムービーを撮ったり見たりできるこの携帯に
素直に驚いた。
ま、その分、機能もたくさんあって、
何が何だかよく分からんよ、という
おじさんにもなってしまっているのだが・・・。
何事も勉強ですな。


さて、明日はまた京都に出張。
2週間前の関西出張の時から、
やっと『逆転裁判3』を始めたので、
今回の移動時間も楽しみなり。

がんばれナルホドー!
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/08 11:54:36
 
先週金曜日は朝から京都出張。
そのまま京都に宿泊。

昨年11月、実家の近くで一人で暮らす
母方の祖母(93歳)が、突然倒れて入院した。
その後快方に向かい、なんとか歩けるくらいにまで
なったようなので、京都まで行ったついでに、
兵庫に足を延ばすことにした。

途中、どうしても姫路城に行きたくなり、
ちょっと寄り道して、天守閣にも登って、
秀吉気分を味わったりしながら、
ローカル線で実家へ。

祖母の入院する病院は、田舎でもさらに山奥の
周りに何もないような淋しい山間にある。
もともと気丈な人なので、入院生活は彼女にとって
さぞかし辛いのでは、と気になっていたが、、、。

窓の外では急に激しい雪が降り始めた。


祖母はボクの顔を見るなり、両腕にしがみつき、
「お前の顔を見ることなく死ぬだろうと思うてた」
「一番会いたい人に会えた」
と言って、泣き崩れた。。。
こちらも言葉に詰まってしまった。

なかなか実家にも戻れず、親孝行もままならない
生活を送っているだけに、祖母のことまで
普段はあまり考えられていないんだけど、
祖母にしてみると、毎日毎日ボクのことを考えて
生きてきたみたいだ。

「長生きしてればまた会えるからね」
と言って別れてきた。

あとは、うちの両親がまた面倒を見続ける。
実家には痴呆の進んだ父方の祖母もいる。
90歳を超えた老人2人を、
70歳と64歳の両親が面倒を見ていく現実に、
自分の甲斐性の無さを感じる。

これまで自分を支え続けてくれた人たちへの
恩返しは、いつ頃できるのだろう?
いつまでも放っておけない。
と思いつつ、日々の仕事に忙殺されて
時間はどんどん過ぎてゆく・・・。
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/11 00:00:29
 
最高気温18℃。
すっかり春めいてきた感じ。


月曜から火曜にかけて貫徹。
とにかく、大変だった。
その大変さも今日で一段落。

ふぅ〜。

19時から異業種混合の勉強会。
いろんな業界の人(しかも偉い人!)が集まって、
講師の人の話を聞いて勉強する会。
で、なんと、今日の講師役が、ボクでした。
お声を掛けて下さったのは、
猿楽庁が入っているビルのオーナーさん。

集まられた方々は、本当にゲーム業界とは
とっても距離の遠い人たち。
大手コンピュータメーカーの人(偉い人)や、
民間じゃない銀行の人(偉い人)など多数。

そんな中で、
ゲームの歴史やら、ゲーム市場やら、
猿楽庁の話なんかを2時間ほどお話しした。
みなさんいい人ばかりで、
「これがビジネスチャンスになるのでは!」なんて
コメントまでいただいて、
つたない講師ぶりとは裏腹に、
自分にとってとても充実した勉強会になりました。

勉強会の後、場所を移して食事をしながら
みなさんと談笑。
ここでも楽しいお話を聞くことができた。
普段だと、年齢的に近い人か、年下の人と
飲んだりする機会は多いんだけど、
年上の人(しかも偉い人たち!)と話す機会は少なく、
とても新鮮だった。
たまには、こういう機会は必要だと思った。

みなさん、ありがとうございました!!


あ、そーだ。
今日の教訓。
お札は折り目を付けないようにしよう!
それが地球に優しいのだ。
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/13 04:55:12
 
木曜は、強風が吹き荒れ、黄砂が飛び、
気温も22℃まで上がって春のような陽気。
昼間の外出も半袖一丁。
このままでいくのかと思いきや、
金曜は冬に逆戻りで最高気温9℃。
一度暖かさを体感してしまうと、
この寒さが身にしみる。

今週は久々に長く感じる1週間だった。
いろんなことがあったからなぁ。
でもまぁ何とか片付いてきた。
(と言ってもこんな時間だが・・・)
最近は企画会議とかに入るケースも増え、
やっと少しは本領が発揮できそうで、
なんとも嬉しい限り。

ところで、
先週木曜日発売の
『カスタムロボ バトルレボリューション』、
今週木曜日発売の
『NINJA GAIDEN』、
来週木曜日発売の
『ASTRO BOY 鉄腕アトム』、
いずれも猿楽庁チューニングタイトル。

ひとりでも多くの人に喜ばれますように!
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/15 23:07:59
 
やんなきゃいけないゲームが
どんどん溜まっていく。

そんな中で、やっと『逆転裁判3』クリア。
今回は結構ボリュームがあった。
シナリオも面白かったしね。
個人的にはこの手のゲームは大歓迎。

ゴドー検事の隣でコーヒーを作り続けて
いる人を想像してニヤニヤしながら、
早くも次作を待ち望むボクです。
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/18 23:15:27
 
昨日は22℃のぽかぽか陽気で、
桜の開花宣言もあった。
でも、今日は一転。
朝から雨が降り始め、
気温は見る見る下がっていった。
夜はまた冬に逆戻りな感じ。

今週は毎晩会食で、肝臓は業務過多。
毎朝、インスタント味噌汁を飲んでる。
貝エキス。(いいと信じて)
それにプラスして、クエン酸とアミノ酸も摂取。
それからポカリも飲んでブドウ糖吸収。
あ、あとビタミン剤もね。

ちょっと過保護にしすぎかなぁと思うけど、
摂取した方がいいに決まってると考え、
いたわる気持ちで飲んでます。

形はどうあれ、基本は体だからね。
長持ちさせなきゃ!
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/19 21:36:45
 
2週間前に受けた人間ドックの結果が届いた。
昨年、一昨年と比べると、少し良くなったみたい。
これまで、「B」や「C」がいくつかあったのに、
今回は「B」がひとつだけで、あとは全部「A」。
うーん、すばらしい!(かも)

その「B」が付いたのは、胸部X線の結果で、
コメント欄には「横隔膜挙上の疑い」と。
うーん、どういうことかよく分からないや。
症状や予防について詳しく知りたいので、
お分かりの方は是非ご連絡を!
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/22 12:11:28
 
最近の天気には参ってしまう。
先週は20℃を超える日もあって、
桜の開花宣言もされたのに、
土曜日(春分の日)には雪が降ったり、
今日も朝から冷たい雨。
夕方から明日の明け方にかけては
また雪が降るかも、という予報。
咲き始めた桜の花が可哀想。

昨日は昼頃から取材の立ち会いがあって、
生まれて初めて「新小岩」に降り立った。
そこから編集部の人の車で都内に移動し、
撮影やら何やらを終えて、また新小岩へ。
駅の近くの居酒屋で軽く打ち上げ。
(ご馳走様でした!)

どんな取材だったのかは、
誌面に出るタイミングで明かします。
凄いことになっているので、
お楽しみに!
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/26 05:01:57
 
今週は毎日、雨。
梅雨みたい。

そして毎日HardでHeavy。

先日、愛用しているナイキのバッグの
ある部品(ストラップ)が壊れた。
すぐにwebから問い合わせをしたところ、
担当の方から非常に早いレスポンスで
代替品を送っていただけた。
しかも無料で!
さすがナイキだ。

88年頃に、アンドレ・アガシモデルの
ハイカットのテニスシューズを買って以来、
すっかりナイキに魅せられたナイキ馬鹿だ。
翌年のホノルルマラソンで、ひ弱な足を
支えてくれたのもエアーマックスだった。
このマラソンで信頼を得たナイキは、
それ以降、ずーっとボクに愛用されている。
ウェアからシューズ、腕時計に至るまで。
他メーカーのものに浮気する理由もなく、
これからも愛用していくんだろうなぁ。
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/27 05:02:15
 
今週も月曜から飛ばしたなぁー。
デスクワークの時間は非常に少なかった。
その分、現場が多く、熱かった。
やっぱ現場はいいね。
どんなに時間があっても足りないけど、
どんな時間よりも充実してる。

水口ちゃんチーム、
香山さん、
両角さん、
中川さんチーム、
見城さんチーム、
ニシケンチーム、
サカイさんチーム、
飯田くんチーム、
みーんながんばっていこう!


それから、
ケンちゃん、ケンシローくん、お疲れさま!
いろいろ勉強もさせてもらってます。
引き続き、よろしくですー。
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/30 13:16:51
 
『播磨灘物語』を読み終えた。

信長を信じ、
秀吉のために命を懸けた男。
戦国時代屈指の軍師・官兵衛に、
秀吉は絶大なる信頼をおいたが、
次々に収めていく成功の過程で、
秀吉は嫉妬と不安を覚え、
官兵衛を遠ざけていく。
そんな官兵衛は最終的には秀吉からも
俗世からも離れていき、
頭を丸め、
黒田如水と称して世を送る。


そんな如水の「水五訓」。

一、自ら活動して他を動かしむるは水なり
一、常に己の進路を求めて止まざるは水なり
一、障害にあい激しくその勢力を百倍し得るは水なり
一、自ら潔うして他の流れを洗い清濁併せ容るるは水なり
一、洋々として大洋を充たし、発しては蒸気となり雲となり
  雨となり雪と変じ霧と化し、凝っては玲瓏たる鏡となるも、
  其性を失わざるは水なり
 
 

none
none
none
none
none
none
2004/03/31 23:09:00
 
今年1月に吉野家から牛丼が消えて以来、
全く食べに行ってなかったんだけど、
ふと「豚丼」がどんなものか気になって、
昨日の夜、食べに行ってみた。

店に入った瞬間、今までと全く違う臭いがっ!
食欲が湧いてこないぞー!
人間の食欲は、その臭いによって掻き立てられて
いることを痛感。
あの牛丼の臭いが体に(鼻に?)染みついているようだ。

豚丼が出てきても食欲が湧かなかった。
逆に豚とゴボウの臭いに胃がやられてしまった。

紅生姜をたくさん乗せて食べた。

店員のモチベーションも恐ろしく低かった。
お客さんが入ってきても目で追うだけで、
「いらっしゃいませ」も無く、
カウンターにもたれて喋っている。
いくら暇だからと言え、ここまで落ちてしまったとは。

もちろん全店がこうではないと思うけど、
吉野家も終わってしまったなぁ〜と、
思わざるを得ない夜だった。


あまりにもショックが大きかったので、
今日のランチは松屋の牛めしになった(笑)。
 
 

none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none