none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の地下からひとりごと〜
none
none
none
none

none
2003/10/01 02:53

10月1日。
すっかり秋な爽やかな天候。
空気も澄み、出社途中で綺麗な富士山が見えた。
関西人らしく(?)富士山が見えると喜んでしまう。


組織や人が変わったりするタイミング。
ボクの耳にも、組織改編や人事異動の話が
いろいろと入ってくる。

中でも身近で大きなことといえばUGA。
ユナイテッド・ゲーム・アーティスツ。
1999年、セガ9研の水口哲也と出会った。
2000年、セガからの分社化でUGA設立。
仕事的には、『Rez』や『スペースチャンネル5』の
お手伝いをさせていただいた。
個人的には、それはもう、ここでは語れないくらい
深くたくさんのことを一緒にやってきた。
そんな水口氏率いるUGAが、10月1日付けで
ソニックチームに営業譲渡という形で姿を消した。

なんとも複雑な心境。
でも、組織が変わったり無くなったりしても、
ボクは「会社」と付き合っているのではなく、
「人」と付き合っているので、
また形を変えて、新たな気持ちでお付き合いが
始まるんだと思うと、逆にわくわくしてくる。
水口ちゃんやおかみねちゃんを筆頭に、
昨日までUGAだった人は、
しばらく大変かもしれないけど、
とにかく目標を持って頑張ってください!
ボクらはいつでもお手伝いしますからね。

UGAに限らず、環境が変わる方々。
これまで以上にしっかりお付き合いをさせて
いただきますので、よろしくお願いします!!


none
none
none
none
none
none
2003/10/04 03:56

10月に入ったというのに、
木曜日の東京は30℃近い気温。
街中にもTシャツやノースリーブの人多し。

今日はよく喋った。
午前中のミーティングに始まって、
15時頃からからは7時間ぶっ通しで
3、4件のミーティング。
とにかく前向きの楽しい話がいっぱい。
人と話をするのが嫌いじゃなくてよかった!

昨夜も午前2時頃までミーティングやっていたので
気を抜くと睡魔が襲ってきそうだけど、
とにかくデスクワークもいっぱいだー。


none
none
none
none
none
none
2003/10/07 23:13

秋らしくなってきた。
朝夕はちょっと冷え込むけど、
昼間はちょうどいい感じ。
こないだまであんなに暑かったのに。
多少ズレながらも四季の移り変わりです。

たくさんの人と出会い、
新しい息吹を送り込まれる日々。
いろんな挑戦もしたい。
そして、いろんな結果を得たい。
その為には、
ボクたちにも決死の覚悟が必要。
あえてチャレンジする勇気を持たなきゃ。
昨日、今日、出会った人たちに感謝。


none
none
none
none
none
none
2003/10/10 20:50

日差しが暖かく過ごしやすい。
1年中こんな気候なら・・・と思うことも。


ライターの新城くんの薦めもあり、
午前中、あるイベントに行ってきた。

仮想と現実を融合する最新のMR技術を駆使した
3次元映像空間体感型イベント
「MIXED FANTASY 〜MRテクノロジーEXPO 2003」
http://www.ismar03.org/mr-expo/

かなり面白かった!
こういうテクノロジーの進歩に関しては
いろいろ知っているつもりだったけど、
やっぱ、体感しなきゃダメだね。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を
頭部に装着するだけで、
実際の空間にCGの立体物が現れ、
それを動かしたり壊したりできる・・・。
なかなか言葉では説明しにくいなぁ。
例えば、
4〜5メートル離れて向かい合った者の間を
魚が泳ぐわけです。
シャボン玉も飛ばせます。
魚がシャボン玉を割ったりします。

まだまだHMDの重さや堅苦しさはあるものの、
目の前のリアルな空間に現れるバーチャルな
オブジェクトには、素直に驚きます。
「未来感」漂ってます。

こういう技術でゲームが作られる日も
そう遠くはないんだろうなぁと思った。
頭の中では、これを応用したいろんな遊びが
次々と生まれてきている。
う〜ん、なんとかしたい!


none
none
none
none
none
none
2003/10/16 23:07

すがすがしい1日。
外出も気持ちよく。

久し振りの日記更新。
ぶっ倒れていたわけでも、
遊び呆けていたわけでも、
「三国志」に夢中だったわけでもなく、
単純に忙しかったのです。

やはりこの業界のこの時期は忙しい。
年末商戦や期末商戦に向けて、
あれやこれやと動いています。
みんな頑張っていこう!!


none
none
none
none
none
none
2003/10/17 22:11

今日も爽やかな1日。
でもボクは寝不足気味。


日米ともに野球界は最終局面へ。

メジャーリーグは、
ヤンキースがレッドソックスを下して
ワールドシリーズ出場決定。
勝てば天国、負ければ地獄の最終戦は、
延長11回、先頭ブーンの初球ホームランで
劇的なサヨナラ勝ち。
ちょっと感動した。

日本のプロ野球は、
いよいよ明日から日本シリーズ。
星野監督の突然の勇退報道で、
心の中にまだショックは残っているけど、
ファンは今年1年分の応援をするので、
何とかもう一度、宙に舞ってほしい。


none
none
none
none
none
none
2003/10/21 01:27

志の高い人たちと話す。
各々の持ついろんな志。
どれも素晴らしいものだ。
ボクなりに応援したい。
お手伝いもできるだけする。

そして、ふと、
自分の志は・・・?

それは、まだ、心の中。

いつか、きっと。



おいおい、タイガース。
日本シリーズ2戦2敗。
明日からの甲子園で巻き返してや!
闘将の志を、みんなで・・・!


none
none
none
none
none
none
2003/10/26 01:16

うちの男性社員の結婚式&披露宴に行って来た。
媒酌人を立てない今風(?)の披露宴。
もともとイベント好きなので、
いろいろ仕掛けてくることは予想していたが・・・。

メイン司会は新郎のお父さん。
アシスタントに弟くん。
新郎はマイクを持って喋りながら入場。
冒頭の新郎新婦の紹介は、
それぞれのお母さん。
お色直し後の入場時には、
キャンドルサービスならぬビアサービス。
新郎がビアサーバーを背負って入場し、
各テーブルのピッチャーに注いで回る・・・。

これだけを読むと、
何とも突拍子もない披露宴のようだけど、
友人や親族の方々の祝辞がとても暖かく、
終始アットホームな素晴らしい宴だった。
何度も泣きそうになったよ。

以前にも痛感したことだけど、
社員の披露宴に出席すると、
ボク自身も頑張らなきゃという気持ちになる。
変な言い方だけど、社員が結婚することは、
自分の扶養家族が増えるようなもの。
家族みんなが幸せになれるよう頑張るのみだ!



ところで、タイガース。
2連敗のあと甲子園で3連勝!
これで日本一に王手。
この勢いのままいってほしい。
星野さん、もう少しやで!

  




none
none
none
none
none
none
2003/10/28 01:29

2003年10月27日。
日本シリーズ第7戦。
タイガース、今季147試合目。
結果は完敗。
日本一になれなかった。

ちなみに、
●●○○○●●
こういうケースは初らしい。
地元の応援が後押ししたんだね。

最後の夢は実現しなかったけど、
今シーズンは、本当に、
たくさんの感動をもらえたよ。
何度か悔しい思いもしたけど、
その何倍も何倍も感動した。
いいシーズンだった。

球場にも何度か足を運べた。
神宮や横浜だけじゃなく、
甲子園にも行くことができた。
偶然だけど星野さんにも会えた。

3月下旬から約7ヶ月間。
今年ははたっぷり楽しめた。
感謝、感謝です。
星野さん、タイガースナイン、
どうもありがとう!


none
none
none
none
none
none
2003/10/30 18:06

昨日の東京は、10月下旬なのに26℃の夏日。
ここのところ暑かったり寒かったりで、
ちょっと体調が良くないかも。
久々に登場の体温計は、38.2℃。


さて、また、タイガース。

携帯の阪神公式サイトに、和田コーチが執筆する
「和田日記」というのがある。
その中の、日本シリーズ終了後に書かれたコメントを
読んで、またまた涙してしまった・・・。

(以下、原文のまま)
--------------------

試合終了後、ベンチ裏の選手サロンで関係者全員が集ま
った。カントクの言葉があった。それは何度も涙を堪え、
言葉に詰まり、声にならない言葉だった。
「タイガースのユニフォームを着たときは本当に嬉しか
った。俺はもう2度とユニフォームを着ることはない。
みんな良く頑張った。ここまでファンを喜ばせたのだか
ら、胸を張って関西に帰ろう。本当にありがとう!」
ほぼ全員が、最後のカントクの言葉を聞きながら涙した。
それぞれの涙の意味に違いはあるだろうが、カントクへ
の感謝の気持ちは同じだろう。涙は止まらない。声を押
し殺すのに必死だった。

その2、3分後に表彰式が行われたが、ベンチ前に整列
する選手たちも顔を作るのに苦労した事だろう(苦笑)

リーグ優勝という『夢』は掴んだ。
そして、新たに大きな『夢』が出来た。

また来年、全員で『夢』の続きを・・・。

一年間ありがとう!

--------------------

あの一瞬にこんなドラマがあったとは!
来年もまた応援しまっせ!!


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none