none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の地下からひとりごと〜
none
none
none
none

none
2002/09/03 01:33

9月になって、渋谷の街から子供の姿がなくなった。
9月なのに、今日も軽く30℃超。
9月になり、この業界も年末商戦に向けて、
これから何かと慌ただしくなってくる。
東京ゲームショウもあるしね。

猿楽庁もにわかに慌ただしくなってきた。
まさに、ひとりひとりが150%の力を出す時。
「辛い」と思って歯を食いしばるんじゃなくて、
「楽しい」と思って歯を食いしばり、
とことんまで突き進んでいこう。
頑張ればきっといいことがあるさ。

今日出会ったたくさんの人たちも、
一緒に頑張っていきましょう!


none
none
none
none
none
none
2002/09/04 02:31

猿楽庁の業務のひとつに、
デバッグ(Debug)というものがあります。
プログラムの中に潜んでいるバグ(Bug)を、
徹底的に見つけ出す仕事です。
プログラムって英数字で何行も何行も書かれていて、
でもこれは人間が手入力をしたものなので、
単純な打鍵ミスをした箇所から、
ロジック的におかしな箇所まで、
いろんな間違った記述が潜んでいます。
そんなミスがひとつでもあると、
ゲームは正常に作動しなくなってしまうので、
実際にゲームをプレイして、
しかも隅々までチェックをして、
おかしな所を探し出すのです。
ちなみに、その何行もあるプログラム記述に
バグの箇所をマーク(塗り潰し)していくと、
記述が「虫食い」状態になるので、
バグ(=虫)と呼ばれています。
(と、若い頃学びました)

というわけで、デバッグという仕事は、
根気を要するとても大変なものなのです。
基本的にはこれをやらないと商品化は
難しいですからね。
でも、なぜかこのデバッグという仕事は、
軽視されがちな気がしています。
単価の安いアルバイトを雇って、
ちゃちゃっとやってしまおう、みたいな。

もちろん、全てが全てこうではないと思いますが、
ボクはこの考え方は良くないと思います。
クォリティを考えた時、
作品から商品になっていく最終段階での、
いわば最後の砦だからです。
ここでいい加減な仕事をしてしまうと、
世に出した後、大なり小なりしっぺ返しを食います。

この業界にはデバッガーと呼ばれる人が
本当にたくさんいらっしゃると思います。
ボクはそんな人たちを応援しています。
時には泣きたいくらい辛いこともあるでしょう。
でもユーザーのことを思うと頑張ってしまうのです。
頑張ってほしいのです。
そして、そんなデバッガーのことを
ちゃんと理解する会社の体制も大切です。
彼らあっての品質保証なのですから。


ちなみにボクのデバッグ処女作は、
SFC『MOTHER2』でした。
バグ残ってたらどうしよう!?


none
none
none
none
none
none
2002/09/06 02:15

「去る学長」

「さるがくちょう」を初めて変換した時、
このように変換された。
一度、「猿楽」と「庁」に分けて変換したので、
2回目からはちゃんと
「さるがくちょう」→「猿楽庁」になった。

今週の「プロジェクトX」は、
日本語ワード・プロセッサー開発の話。
アルファベット26文字だけでほとんどの表現が
可能だった英文タイプライターに対し、
日本語の場合は、48の平仮名と5万の漢字で
表現をしなければならない。
今では当たり前の「変換」ということに気付いたり、
変換率を上げるために「学習機能」を考案したり、
入力と並行して候補文字を探すことを思いついたり・・・
と、試行錯誤の末に第一号が完成。
日本初のワープロが東芝から発売になったのは、
昭和54年2月のこと。

仕事において無くてはならない日本語ワープロ機能。
そんな画期的なものがこの世に生まれてから、
まだ23年しか経ってないんだと思うと、
とても不思議な感じがする。

ファミコンが発売になったのが、
それから4年半後の昭和58年7月。
家庭のテレビでゲームをすることが一般的になって、
まだ19年しか経ってないんだぁ。


ここ20年ほどで大きな進化を遂げてきた
ワープロと家庭用テレビゲーム。
さてさて、この先はどうなっていくんだろう。


none
none
none
none
none
none
2002/09/07 04:02

久々の雨。
しかも夕方にはかなり強く降った。
またまた渋谷の街が綺麗になった。(気がする)
秋雨前線の影響かどうか知らないけれど、
これでそろそろ涼しくなるでしょう。
そういえばセミの声も聞かなくなった。
代わりに草むらから虫の声が聞こえてくる。
暑かった夏も終わろうとしてますね。


そんな今日の激しい雨の中、
猿楽庁に来庁してくださった方々、
本当にありがとうございました。

というわけで、
今週もたくさんの人と会った。
中には4年8ヶ月ぶりの人も。
いろんな人と出会うたびに、
財産が増えていく気がします。
散財しないように気をつけながら、
いいお仕事を一緒にしたいですね。


none
none
none
none
none
none
2002/09/10 02:53

アーアーという「北の国から」のメロディーが
ここ数日、頭の中をぐるぐるしています。
こういう人は他にも多いのではないでしょうか。
「2002 遺言」
ボクが大学に入った頃スタートした番組の
最終回が先週末に放映された。

見るとやはり泣いてしまう。
日本人のツボにハマるんだろうなー、こういうの。
何を隠そう、ボクの親父とお袋も、
2人してテレビの前で泣いていたらしい。
(ボクの涙腺が緩いのは親譲りのようである)
この2人、21年前から見続けている筋金入りで、
全てビデオにまで撮っているとのこと。
「そんな父さんは素敵だ」(純)

昔のを観てみようと思ってTSUTAYAに行ったら、
全て貸し出し中だった。
みんな考えることは同じだね。


none
none
none
none
none
none
2002/09/11 02:22

一寸先は闇。

井川−藤井の投手戦。
9回表に逆転して、絶対いけると確信したが、
最後の最後で井川が力尽きサヨナラ負け。
1ヶ月以上勝ち星から見放されたエースの9回裏は、
堂々とした以前の風格は見受けられず、
マウンドに立つ姿が心なしか小さかった。
今まで通り自信を持って伸び伸び投げようよ。


プレイステーション2用ソフト、
『カルドセプト セカンド エキスパンション』(長い!)が
今月26日に発売になります。
その発売を記念して、今年も(!)全国大会が開催されます。
大会には予選がいくつもあるのですが、
その中のひとつ「編集部対抗大会」が、
今日、セガ本社で開催されました。
(詳細→http://sega.jp/community/culd2ex/


猿楽庁としても、できるだけお手伝いをして大会を盛り上げ、
ユーザーの方々に喜んでいただこうと思っています。
関係者のみなさん、一緒に頑張っていきましょー!


none
none
none
none
none
none
2002/09/13 02:42

昨夜、あるゲーム開発会社の人たちと飲んだ。
朝5時まで(笑)。
仕事の話も少しはするんだけど、
ほとんどはゲーム以外の話。
昔懐かしい話や、マニアックな話などなど。
クリエイターと猿楽庁って微妙な関係なので、
こうやってコミュニケーションを取ることは
とても大切なことなのです。
人としてお互いを理解し合うことで、
苦しいことも嬉しいことも共有できるようになる。
クリエイターの立場に立ち、
親身になって物事を考えるようになる。
とにかく、コミュニケーションは大切なのです。

今では全く聞かなくなったけど、
飲みながらコミュニケーション取ることを、
「飲みュニケーション」なんて言ってたなー。
あはは、古すぎて新しいかも。


昨日は藤川球児の初勝利に涙。
今日はペタジーニの一発に涙。
おまけに5位転落で涙涙。


猿楽庁が関わったXboxタイトル『segaGT2002』が
今日(12日)発売された。
程良いバランスになっていて、
一度始めるとなかなか止められない。
今日もちょっとした合間を見つけてはプレイ。
ひとりでも多くの人に遊んでいただきたし!


none
none
none
none
none
none
2002/09/14 05:25

1日中曇っていて、雨が降ったりやんだり。
気温も一時に比べるとかなり低くなって、
Tシャツ1枚では肌寒く感じたり。
いよいよ秋です。

午前中、ファミ通の浜村さんと打ち合わせ。
と言っても、本題は1分くらいだけで、
あとはもうゲームの話やら野球の話やら。
貴重なお時間をいただいたのに、
こんなことで申し訳ないです。
でも楽しかった!
今度またゆっくり話し込みましょう。

その帰り道、LEVEL1に立ち寄り、
久し振りに草野くんと会った。
徹夜したけどまだまだ片付かない!
という感じの彼を無理矢理ランチに誘う。
純和風のお店で「焼カツ定食」という
とんかつがアツアツの鉄板に乗っている
ちょっと変わった料理を食べながら、
しばし談笑。
いい仕事をするためには息抜きも必要!
と言いつつも、
今日の夕方が締め切りだった仕事が、
無事に終わったかどうかが心配。
今度またゆっくり話し込もう。

夜中の0時ちょっと前に、
猿楽庁を卒業して新天地で働くnobuが
会社に顔を出してくれた。
まずは元気そうでなにより。
かなり忙しいみたいだけど、
充実しているようなので安心した。
10分くらいしか話せなかったのがちと残念。
今度またゆっくり話し込もう。


none
none
none
none
none
none
2002/09/17 00:32

秋雨前線真っ盛り!?
朝から冷たい雨の降る「敬老の日」振替休日。


いつもお世話になっているゲームショップに、
あるクリエイターの方と一緒に行ってきた。
毎度毎度そうだけど、店長のお話は勉強になります。
そして励みにもなります。
いつもありがとうございます。
少しでもお役に立てるよう頭を回転させますね。
これからもよろしくお願いします。


PS2『サルゲッチュ2』をクリア。
思っていたよりも面白く(失礼!)、
「ちょっとだけやってみよう」のつもりが、
気付けば30時間近くもプレイしていた。
達成率96%で、残りの4%をどうするか思案中。
細谷さん、ありがとうございました。


今週末は東京ゲームショウ(TGS)。
どんなゲームに出会えるか楽しみです。
今年のE3もそうだったけど、
どのゲームもグラフィックのクォリティや
カメラワーク、画面構成などの視覚的部分が
高いレベルに達してきているので、
パッと見ただけでの善し悪しの判断は
非常に難しくなってきているのは事実。
ってことは、実際にプレイしてみないと
わからないってことなんだけど、
当日は会場内外での打ち合わせもあったりして、
なかなかプレイできそうにない・・・。
うーーん、どうしたものか。


とにかく晴れてくれぃ!


none
none
none
none
none
none
2002/09/18 02:02

平壌で日朝首脳会談が開かれた9月17日。
東京は雨が降ったり止んだり。
ジャイアンツのマジックは「9」になり、
いつのまにやらタイガースは19ゲーム差の5位。
「プロジェクトX」を見てしまい、また涙。
「おしりだって洗ってほしい」が懐かしい、
TOTOウォシュレットの開発秘話。
ちょっと息抜きにとファミコンの
『スーパーマリオブラザーズ』をプレイ。
あまりの難しさに愕然。


今週は月曜日が休日だったので、
実稼働は火、水、木、金の4日間。
でも木、金はビックサイトでAMショー。
金(〜日)は幕張メッセでゲームショウ。
1週間分のデスクワークを3日くらいで
こなさなきゃいけない濃縮週間。
ファミコンやってる場合じゃないよ。
アミノバイタル飲みまくり。


none
none
none
none
none
none
2002/09/19 03:10

マリーガル時代に同僚だった内山くんが
突然猿楽庁にやってきた。
(ボクの体が空いててよかった!)
いろんな経験を一緒にした仲間。
一緒に喜び、一緒に怒り、一緒に泣いたりもした。
久し振りだよなー。

日朝首脳会談の熱い話題に始まり、
長野県知事のこと、株のこと、タイガースのこと、
そしてゲーム業界のこれからのこと。
とにかくパワーが弱くなってきたこの業界を、
どうすれば元気にできるのか、という
とても大きな話を大まじめに語り合った。
(ノンアルコールで!笑)

手探りの部分もあるけれど、
いくつか答えも見えてきたりして、
とても有意義な時間だった。
「やっぱオレらが何とかせなあかんで」と
大きなことを言ってみたりして。

ゲーム業界、ゲーム産業の繁栄のために
ボクたちができることを見つけ出して、
それをきっちり形に残すことが大切。
その為なら労は惜しまへんよ。
張り切っていきまっせ! うっちー。


none
none
none
none
none
none
2002/09/19 22:33

安貞桓【アン・ジョンファン】

意味不明。

案の定、どたばたの3日間。
もう木曜日の夜。
脳味噌かなりショート気味。
メールの整理もろくに出来ないまま、
さて、これから幕張に向かいます。
会場でお見かけの際にはお声を。


none
none
none
none
none
none
2002/09/21 00:17

久々にすかっと晴れた気持ちのいい1日。
幕張メッセの「東京ゲームショウ」へ。
開場前から30分並んで入場。
まずはセガブースに向かった。
来週発売のゲームで、猿楽庁がチューニングした
『カルドセプト セカンド エキスパンション』が
出展されていて、そこにうちのスタッフが
説明員として張り付いているので、
取り急ぎ労をねぎらいに行った。
『カルドセプト』のことなら何でも知っている
うちのスタッフが立っているわけですから、
ユーザーのみなさん、安心ですよ!

その後、ミーティングをこなしながらも
会場をひとまわり。
うーん、
これといった斬新で凄い作品には出会わなかったなぁ。
プレイしてみたいなーという作品は何本かあったけど、
なんかちょっと消化不良気味。
でも、とてもたくさんの人に会えた。
そういう意味では収穫あり。

今日は業者日だったので本番は明日からの2日間。
この2日間の状況を見ることで、
この先が見えてくるような気がします。


none
none
none
none
none
none
2002/09/25 02:31

熱っぽくて喉も痛い。
ちとヤバそう。
餃子&アミノバイタルは摂取。
世の中的には今週も1日少ないので、
弱ってる場合じゃないよね。
あ、○○語の勉強やりましょう!>オカミネちゃん


さて、(秘書官日記風)

ジャイアンツの優勝が決まった。
5時間を超える壮絶なゲーム。
タイガースファンとしては、
「絶対に負けてはならない」
「胴上げなんか見たくもない」
試合前はそんな心境だったけど、
ポーカーフェイスの河原が
9回裏のマウンドに向かうシーンを見て
なぜか気持ちが少し大人に切り替わった。
どんな結末を迎えようとも、
受け入れられる準備ができた。
直後の濱中の同点ホームラン。
そこからの延長の3イニングは、
久し振りにドキドキした。
野球の醍醐味を十分に味わった。
結果はタイガースのサヨナラ勝ち。
六甲颪と応援歌メドレーを一通り歌い、
スタンドのタイガースファンも満足したのか、
原監督の胴上げをみんなが見守った。
その昔のようなファンの乱入もなかった。
タイガースファンに感謝のコメントをした
お立ち台の原監督も素晴らしいと思った。

まぁ、いろいろあるけど、ナイスゲームでした。

さぁ、
後はタイガースのAクラス入りを願うだけです。


none
none
none
none
none
none
2002/09/26 02:47

つい最近まで、
ホームで電車を待つ時や歩道を歩く時、
直射日光を避けて日陰に移動していたのに、
今ではすっかりその逆になっています。
太陽光線の気持ちいい1日でした。

自宅の玄関を一歩出ると、
キンモクセイの匂いがします。
この匂いを嗅ぐと運動会を思い出します。


日付も変わって9月26日。
今日は「カルドセプト」シリーズの最新作、
『カルドセプト セカンド エキスパンション』の
発売日です。
99年5月発売のPS版「エキスパンション」、
01年7月発売のDC版「セカンド」に続き、
今回のPS2版は3度目のチューニング作品です。
今回も十分に魂を注ぎ込んでいますので、
とことん遊び尽くしていただきたいものです。

ゲームと同時(ってことは今日ですね)に、
メディアファクトリーさんから公式ガイドブックも
発売になります。
実はこの本の制作もお手伝いさせていただきました。
こちらもゲーム同様に魂同梱ですので、
読んでいただけると嬉しい限りです。


秋の夜長に、
行楽のお供に、
「カルドセプト」を是非!


とても長い宣伝日記でした。


none
none
none
none
none
none
2002/09/28 02:17

今日からしばらく雨らしい。
「1週間晴れ間が無い」と週間予報。
折角気持ちのいい時期なのに・・・。

11月にポール・マッカートニーが来日する。
東京ドームで3日間の公演。
9年前に来日した時は2回見に行った。
さて、今回はどうしようかなぁ・・・
と悩んでいるうちに、
e+のプレオーダーが締め切られていた。
29日からの一般受け付けかぁ・・・。

先日、久々に金縛りにあった。
体は動かず、声も出ない。
目は開けることができたので見回すと、
左側には白装束の女の人、
足下には足首を押さえる巨漢。
しばらくもがいた後の、
絞り出した声をもって解放。
体、疲れてるのかなぁ・・・。


年内に発売が予定されているゲームの
最後の仕上げが今の時期。
猿楽庁にも休日返上組がたくさんいます。
季節の変わり目、体調にはくれぐれも留意して、
頑張っていきましょう。


none
none
none
none
none
none
2002/09/28 21:23

『カルドセプト』というゲームは、
カードゲームとボードゲームの2つの要素が
ミックスされたゲームです。
先日発売になった最新作には480枚以上の
クリーチャーやアイテムなどのカードがあります。
これらのカードイラストは、
何人かの手によって描き上げられています。
その中のおひとり、中井覚さんの取材が、
今日の夕方行われ、立ち会ってきた。
いろんな裏話も聞くことができて、
とても楽しかった。
中井さん、お忙しいところありがとうございました。
そして、お疲れさまでした。

今日の取材の結果がいつ頃どのような形で
世に出るかは、また後日書きます。


にしても、道が混んでた。
車の運転は大好きなんだけど、
こう車が多くてはねぇ。
あ、そうそう、半年ほど前から、
車を運転する時はシートベルトをするようになった。
偉くなったなぁ。(って、それが普通っ!!)


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none