none
社名ロゴ
none
はじめから
会社について
会社概要
メッセージ
社名の由来
ちゅーもん
業務について
業務内容
関与作品
アクセスマップ
お問い合わせ
none
none
none
長官日記。
none
〜渋谷の地下からひとりごと〜
none
none
none
none

none
2002/02/02 4:13

もう2月です。
今年も残すところ11ヶ月・・・。
にしても1ヶ月が早すぎ。
瞬く間に過ぎている感じです。
子供の頃はもっとゆっくりだったのに。
学研の「科学」を待つ1ヶ月とか、
TVの「仮面ライダー」を待つ1週間は、
とてつもなく長くて長くて、
指折り数えてもなかなか来なかった。
歳をとるにつれて早くなっていくよなぁ。
出来ること、やりたいことを、
ひとつずつ確実にこなしていかないと、
あっという間に年老いてしまうかも。
あぁでも焦っちゃいかんぞ。


とりあえず今週も、
いろんな人に会って、
いろんなことを考えて、
相変わらず3時間くらいしか寝てないけど、
元気で頑張れて、
少し成長もした1週間でした。

また今月も頑張るです。



【超個人発信】
・水口ちゃん、オカミネちゃん、おめでとう!
・セガさん、PS2をありがとうございます!
・アキちゃん、双眼鏡をありがとう!
・秋谷さん、一緒に頑張りましょう!
・番長なみなさん、お疲れさまでした!
・明日も頑張る人、ありがとう!
・頑張れ!アンディー。
・うら、1週間ありがとう!
・秘書官、素敵な絵をありがとう!


none
none
none
none
none
none
2002/02/09 04:08

1週間振りの日記です。
とにかく書く時間がありませんでした。
読んでいただいてるごく少数の方々からの、
優しい催促も受けつつやっと今日です。

今週もいろんなことがありました。
打ち合わせは20件くらい。
今後のスケジュールの話、
攻略本の話、
韓国のオンラインゲームの話、
発売済みタイトルを掘り下げて考える会、
生まれたての企画の話、、、などなど。

木曜日に『侍』という作品が発売になりました。
猿楽庁チューニングです。
とりあえず順調な滑り出しで一安心。

『スペースチャンネル5パート2』が、
ファミ通でプラチナ殿堂でした。
これも関わった作品ですね。
来週の木曜日に発売です。

とあるゲームショップの販促活動のお手伝いも。
会員の方にはDMが送られますので、
届いたら「これか!」と思ってください(笑)。

基本的に何でもやります。

作品のことや業界に関することなどで、
一生懸命になっている人を見ると、
放っておけない性格らしく、
どうしても突っ走ってしまいます。
1日24時間では足りないわけですね。

今週の出来事といえば、月曜からずっと風邪気味で、
咳やら鼻水やらで苦しかった。
今日のお昼に特効薬を飲んだので、
今は少し落ち着いてますけどね。
ボクの特効薬は、
「小児用ジキニン」と「ユンケル」の同時丸飲み。
ニンニクをたくさん食べても元気にならない時は、
この2本のセットに限ります。
あ、あと「アミノバイタル」も欠かさずに。

・・・薬系に頼りすぎですね。
きちんとうがいをして、
たくさん水分を摂って、
たくさん眠ればいいことなんだろうけど・・・。
みなさんもくれぐれも気を付けましょう。

来週のどこか(14日目標)で、
新しいコーナーをUPする予定です。
電脳隊が頑張ってくれてます。
お楽しみに!


none
none
none
none
none
none
2002/02/11 23:23

横浜のランドマークタワーまで、
鈴木裕さんの個展を見に行ってきた。
事前にWebギャラリー↓
http://www.sega-am2.co.jp/ys/artworks/list.html
をチェックして出かけたんだけど、
実際の絵は想像以上に素晴らしく、
またまた刺激されてしまった。

今日が最終日だったせいか、
ギャラリーに一歩踏み込んだ瞬間、
ぷわーんとワインの香りが・・・。
裕さんも上機嫌で、
いろんな技法を教えてもらったりしました。
おまけに上等なワインまでご馳走してくださり、
ありがとうございました。
めちゃおいしかったです。

帰り際、これまた額入りの絵をいただいてしまい、
本当にもう恐縮です。
ありがとうございました。
早速、飾らせていただきます。

ゲームを創るという大仕事以外に、
こういう素敵な趣味が持てるということが、
羨ましくもあり、自分自身への課題でもあります。
まず、絵を描けるだけの時間のゆとりと、
心のゆとりを作りたいものです。


none
none
none
none
none
none
2002/02/15 02:25

2月14日です。

先日の公約を果たすべく、
頑張ってくれた電脳隊のお陰で、
本日2つのコーナーがUPしました。

ひとつは「猿カウント」といいます。
「えんかうんと」と読みます。(読んでくださいね)
ゲーム用語としてよく使われる言葉ですね。
「敵にエンカウントした・・・」といった感じで。
実際の英語は「encounter」で、
遭遇とか出会いとかって意味です。
ここでは、隊員たちがこれまでに出会った
思い出深いゲームを、思いのままに語ります。
のんびりペースで更新していきますので、
末永くよろしくです。

で、もうひとつは「秘書官日記」です。
猿楽庁という会社には秘書官がいます。
「ふたりの私」という切り口で、
秘書官としての彼女からと、
そうじゃない時の彼女からの、
二面性を持った日記ということになります。
こちらも不定期更新です。(たぶん)
時々覗いてあげてください。


さて、2月14日といえば、もうひとつ。
『スペースチャンネル5パート2』の発売日でした。
ボクが偉そうに語るのもなんですが、
前作に比べると先に進みやすくなっていて、
初めての人でもリズムに乗れれば、
楽しくエンディングまで遊べるはずです。
隠し要素や収集要素もたくさんありますので、
何度も遊んでみてください。



ふぅ〜。
今日も、あとひとふんばり。
リポD飲んでがんばろー。


none
none
none
none
none
none
2002/02/17 01:13

渋谷ツタヤのイベントに行ってきた。
任天堂主催のゲームキューブのイベント。
『動物番長』や『巨人のドシン』が試遊できたり、
プレゼントがもらえるゲーム大会があったり、
開発者による「クリエイタートーク」があったり。

で、ボクは、そのクリエイタートークの進行役を
務めさせていただきました。
トークショーの司会は初めてだったので、
不慣れさゆえに不快な思いをされた方も
たくさんいらっしゃったのではないでしょうか。
すみませんでした。

ボクの下手くそな進行とは逆に、
クリエイターお三方の素晴らしいお喋りで、
トークショー自体はとでも盛り上がり、
いいイベントになったと思います。
サルブルネイの松本弦人さん、
パーラムの飯田和敏さん、
カプコンの小林裕幸さん、
本当にありがとうございました。
ひとりでも多くの方に遊んでいただけることを、
心からお祈りしています。


というわけで、
任天堂主催としては珍しく(失礼!)、
大人たちにとっての、
楽しいイベントになったのではないでしょうか。
これからも、このようなイベントを
続けていただきたいところです。
あ、もう司会はしませんよ(笑)。



日付が変わって17日になりました。
隊員からメールが届いたりしつつ(ありがとう!)、
ひっそりと誕生日を迎えました。
とうとう40の大台です。
ますます頑張らなきゃです。


none
none
none
none
none
none
2002/02/19 15:51

昨日、ちょっとした事故(?)で足を強打し、
情けないことに歩くこともままならず、
今日は不覚にもお休みをいただいております。
ご迷惑をお掛けしてます。

振り返ってみると、
猿楽庁が立ち上がってからの4年間、
平日に休むということが無かったので、
何だかとても変な感じです。
みんなが仕事をしている時にオレは・・・みたいな。
世の中的には在宅勤務の人も増えつつあり、
そういう環境も整ってきている近年だけど、
それでも仕事は「人と接してなんぼ」と思うので、
会社に行きたくなってしまうボクでした。

とはいいつつ、せっかくの機会なので、
ワイドショーなんぞも見てみたり。
「1972年2月19日 あさま山荘事件勃発」
30年前の今日、あさま山荘事件が起きた。
小学校の4年生くらいだったボクは、
10日後(28日)の鉄球大作戦の生中継を、
教室で先生と一緒に見たのを思い出す。

学生運動や連合赤軍が存在した時代。
テレビゲームが存在しなかった時代。
いまは、その逆。
平和な時代。
そんな時代に求められるテレビゲームは、
どんなものなんだろう。
過激なもの?
平和なもの?


いろいろ考えつつ、
明日には復帰します!


none
none
none
none
none
none
2002/02/23 01:43

世の中的にXboxが発売になった22日。
渋谷TSUTAYAでは早朝から大騒ぎだったみたいですね。
買いに行った人、売っていた人、取材の人、見物の人、
みなさんお疲れさまでした。
いい結果が出て、ゲーム業界が盛り上がっていくことを
心から願っております。

かく言うボクは、会社用に購入しようと、
お昼前に近くのBカメラに行ってみた。
スケルトンの限定版も売っていたので、
ついついそちらを購入。
これからボチボチ遊んでみます。

そんな最新のマシンが世に出た日ですが、
今日のボクは携帯用ドットゲームのプレゼン。
(タイトルとかは、またの機会に・・・)
昔からある既存のゲームに、
ひとつのインターフェイスを加えたことで、
こんなにまで新鮮なものになるのか!
ということを実感させられたゲームです。

同ジャンルの亜流物やシリーズ物って、
シナリオやグラフィック、演出等に、
手が加えるられることはあっても、
なかなか根本的なシステムにまで
変更がなされることは少ないはずです。
元のシステムが良く出来ていればいるほど、
その傾向は大きいと思います。

にもかかわらず、
新たなインターフェイスを追加したこのゲーム。
一瞬、邪道では? との思いもよぎったけど、
遊んでみるとこれがとても新鮮で、
この遊びに慣れてしまうと、
もう元のシステムでは物足りなくなってしまう。
恐るべし、です。

詳しくは、後日ここに書きますから、
是非その時は手にとって遊んでみてください。



足の怪我から始まった1週間。
関西への出張や外での打ち合わせは、
正直ちょっと辛かったけど、
またまた、いろんな人に出会ったり、
いろんな新しいゲームに触れたりしたことで、
元気が戻ってきました。
竹崎さんや米田くんにも感謝です。

多くの人にご心配をいただきましたが、
何とか人並みに歩けるようになりました(笑)。
ご安心くださいませ。


none
none
none
none
none
none
2002/02/24 01:13

誰もいない会社の応接室で、
今後の猿楽庁について考えてみた。

流行りの構造改革じゃないけど、
今よりさらに、
強くて、頼りになって、楽しくて、
いつも前向きに進んでいく、
そんな組織にしていきたいなーと思った。

ボクは体育会系のアナログ人間なので、
「魂」という言葉とかを、
すぐに使ってしまうんだけど、
ユーザーやクリエイターの立場に立って、
どこまで親身になって考えられるか、
どれだけ体を張って仕事が出来るか、
ということが大切だと思ってる。

一緒に泣いたり笑ったり出来ることが、
人と人との付き合いだと思う。
ウソをついたり、疑ったりするんじゃなくて、
騙されてもいいから人を信じて、
一生懸命「魂」を注ぎ込む組織。

理想なのかも知れないけど、
そんな組織に出来たらいいなと、
心から思っていたりします。


あーあ、また語ってるよ、オレ・・・。



追)
「サンキュー、ウララ!」(マイケル調)
元気をありがとう。


none
none
none
none
none
none

none
前のページに戻る
none
昔のひとりごとへ
none
none
footer
none